目の下のたるみ改善法をアラフォーが分析して口コミ

顔の老化の中でも悩みが大きい!のが、目の下のたるみ。
目の下にたるみとクマがあると 明らかに老け顔に見られてしまう。。いくら綺麗にメイクしても、隠せないのですよね。
私もここの緩みとクマが出てきたことに鏡で見て気付いたときはショックでした。
さらに対策がまた難しい。皮膚が薄い部分なので変にいじったりもできないし。目の周りって筋肉トレもやりにくいし・・で。

というわけで、ここでは目の下のたるみの原因と改善方について、悩み中のアラフォーが本気で分析してまとめてますのでご覧ください。 口コミもたくさん紹介します

【そもそも、、目の下のたるみってなんだ?どういうことをいう?】
目の下のたるみといっても、人によって微妙に違っており、複雑なんだそうです。 脂肪が加齢でぷっくりと出てきたりすると同時に、くぼみが出たりして凹凸になったり、垂れ下がってきたり、
出た脂肪が陰になりクマのようになってきたり(これは黒クマというそう)します。

そう、クマもたるみから来るタイプがあるのです。 たるみから来る黒クマは、コンシーラーなどメイクでは隠せないのが特徴。 もちろん、加齢でくすみやシミから来る色素沈着系のクマもあるのですが。どちらのクマか確認してみるには、顔を上に向けてみてクマが薄くなるかどうか見てみるといいんだそうですよ。薄くなるならたるみから来るクマです。

一度自分の目の下をじっくり見てみて、脂肪が出てきて垂れたたるみか?脂肪の陰になってクマっぽくなっているか? またはその複合タイプか?など、自分のたるみ方を確認してみましょう。

【原因を徹底分析!】
目の下のたるみの原因は、いくつかあります。
顔のたるみと同じく、老化により皮膚の中のコラーゲンなどが減ってしまい、ハリがなくなる皮膚のたるみ。これはおなじみですね。
さらに、目の周辺にある筋肉が衰えること。 筋力が衰えて皮膚にゆるみが生じるためたるみが出てくるんですね。
それ以外の目特有のたるみの原因としては、年齢がいくと、目の下の脂肪(眼窩脂肪)がぷっくり出てきてしまうことが挙げられます。 この脂肪が重力で下がってしまうことがあるんですね。 さらに、目下の脂肪のたるみが原因でクマみたいに黒く見えてしまうことがあります。 これが疲れた感を出す原因になります。

目の下のたるみは生活習慣からも起きやすくなります。
パソコンやスマホを長時間見ていると筋肉がが疲労して、老化が進み、たるみにつながることも。(なかなか今の時代難しいですが、休みを取りながらが良いですね。) ゴシゴシと目をこすっていると筋肉が伸びてたるみを生じさせる原因になると言われています。
目の周辺は皮膚が薄いため、紫外線のダメージを強く受けやすいため注意が必要です。


<アラフォーがまとめ!目のたるみの改善法ってあるの?どれが良い?>
目の下のたるみは他の部位に比べて対策しにくい部分だとは思います。筋トレとかもやりにくいし、、。 とはいえ、あきらめることはありません
お金をかけなくても複合的に対策をとれば改善することも可能です。(そういう口コミもけっこうあります
まあ最後は美容外科ってことになるのですが、私は整形まではちょっとまだ考えられなかったので今のところは化粧品対策どまりです。 でも、割と成果は出ていますね。(まだアラフォーだからかもしれないけど、まだ食い止められる感じ。)私は特に炭酸パックが良かったです。目の下にも使えたし、思ったよりハリが出て効果を感じました。
口コミなども交えて対策法いろいろ紹介していきますね。

化粧品・パック、保湿スキンケアで改善
目の下にもたるみならやっぱり保湿。 美容液などでしっかり保湿をしてハリを保ったり(セラミド入りやビタミンC入りがオススメ)して、しっかり水分を逃がさないことが大事です。
やってる人は加湿器も常備してるほど。
あと目の周りは、まぶたも含めパックや目元シート、アイクリームなどのスペシャルケアをしている人も多いです。
目元は悩んでいる多いので専用のものがたくさん出てますよね。 テレビで紹介されていた50代の美肌を保っている人は、炭酸パックをしてから毎日必ず目元にシートパックを貼って寝ると言っていました。 私も炭酸パックは目の下のたるみにも使えたのでかなり好きです。

またアイクリームも口コミではよく言われる対策のひとつ。
私の場合は、保湿やスペシャルケア(シート、炭酸パック)などで割と緩和してきました。さらに下のトレーニングなどもやってます。

筋肉トレーニング・マッサージ
目の周りにある筋肉を鍛えるように意識するストレッチを日常的に行なうと効率良く筋力アップ。
私はキャロルマッジオのフェイササイズの本がけっこう好きでベッドの横に置いてお風呂上がりによくやります。 目の下のたるみにもそこそこ効く感じ。 スキンケアと一緒にやると良かったです。目がぱちっとします。トレーニングはいろいろあるみたいなので他のも調べてみてください。
ツボ押しマッサージ
プッシュマッサージで疲れを取るのもひとつの方法。 マッサージをする際には皮膚をこするのではなく、軽く抑えるようにしてください。


生活習慣を改めて疲れをためない!紫外線対策をする
寝不足や疲労が蓄積している人は目の下がたるみやすいと言われています。
就寝前に半身浴をして血行を良くした状態でセルフマッサージをすると疲れが残りにくくなります。 アロマテラピーでリラックスしてから寝るのも、翌朝にはスッキリと目覚める効果を発揮しますよ。
さらに紫外線対策はしっかりしましょう。目の下の皮膚は薄いのでシミなども出やすいです。
クマが気になるは、塩分を控えるとくま対策に良いと覚えておきましょう。(これは口コミでもよく言われますし、本とかでも書いてありますよ。)

プラセンタ・コラーゲンなどのドリンク・サプリ
口コミなどを見ていると若返り、たるみ対策としてプラセンタがかなり人気。
プラセンタドリンクやサプリを摂るっていう人は多いですね。
美容皮膚科でのプラセンタ注射など本格的にやっている人も。 美容皮膚科医の女医さんもプラセンタ注射しているとテレビで言ってきました。 コラーゲンドリンクが一時かなり人気でしたが、最近はプラセンタに人気が移ってきてますね。

エステ
エステのちょっとお高めパックや導入は見違えるように肌が変わったりするんですよね。 この年になると。私もたまに行ってますが、肌のハリには効果てきめんでした。 でも高いからそんなに頻繁にはいけないのがちょっと痛いところ・・。(なので私は普段は代わりに家で美顔器とパックでおうちエステをやってます。)
たるみ対策エステとしては、成分の導入やリフトアップマッサージ、機器でのケアなどいろんな種類があります。

整形・美容医療
最終手段!といえるものがこれ。
美容医療。 整形といっても今は切らないタイプの美容医療やレーザーもあるので、そういう方法を検討してみるのもあり。
目の下のたるみ治療でよくあるのが、ヒアルロン酸注射でたるみを解消する方法。 さらに、凹凸に対応するために、脂肪の除去手術を一緒に行うところもあります。(組み合わせでやるのですね。注入したり除去したりいろいろするのでドクターのセンスが必要かも。)
またレーザーでお肌に刺激を与え、コラーゲンを再生するタイプの医療もありますよね。 (こっちは私もけっこう既に興味あります。) ただ医療となると費用がかかるし、 クリニックによって方法は違うので、後悔はしないように、クリニック選びは慎重にする必要もありますね。ネットで名医を探してみるのもよさそう。

このページの先頭へ

  • サイトマップ