まぶたのたるみの改善法をアラフォーが分析して口コミ

老けたな・・と思われやすいのが目のたるみ。
目は印象を大きく左右する部分なので、たるみや小じわが出ているとけっこう響きます。
特にまぶたは、目の大きさを決める部分でもあるので、たるみが出て目が小さく見えるようになると全然違う人のようになってしまうこともあるほどです。 (一重の人と二重の人ってかなり印象が違いますよね?まぶたは少しの違いでもかなり顔が変わるものなんです。)
また、まぶたにしわがあると若くてもかなり老けてみえるので目元のお手入れは重点的にした方が良いというのは美容フリークの間では常識。
そのため、アイケア商品はどの化粧品会社も力を入れていますし、 20代からしっかりアイクリームなどでケアしている人も多いです。(美容部員さんにここのお手入れは必ず後で返ってくる!と力説されたことあります。)

そして、このまぶたのたるみ、美容的問題だけではなく、医療的な範囲に入ることもあります。 ひどい場合は、上まぶたが垂れ下がって眼が開きにくくなる眼瞼下垂と呼ばれる状態になる人もいるんですね。(この場合は保険で手術が受けることができます。つまり立派な治療状態なのですね。)
まぶたがたれてくると、だんだん見方が変わるので、おでこのシワの原因にもなると言われています。また眼瞼下垂が原因で頭痛などが起きる場合もあります。

アラフォーの私自身は今のところ、気になるのはまぶたのゆるみと目尻の小じわで、まだ整形を検討するほどではありませんが、 身近な叔母がこのまぶたのたるみ(眼瞼下垂)で手術を受けて、目がぱっちり!して綺麗になったので、 目が小さめの私は将来的にまぶたのたるみがもっと出たらそれもあり!・・と個人的には思っています(笑)
ということで、ここではまぶたのたるみについて、原因と改善方法をまとめました。最後に眼瞼下垂についても書いていますので見て行ってくださいね。

<まぶたのたるみの原因とは?>
まぶたのたるみの原因は、加齢による皮膚のコラーゲンが弱くなり、ハリを保てなくなる皮膚のたるみです。 そのためだんだんまぶたが緩むようになり、シワも現れるようになります
まぶたをあげる筋肉が弱まることで目が開きにくくなってくることも。
また、目の周りの皮膚は、顔の中でも特に薄いため乾燥しやすいことに注意!
紫外線のダメージも受けやすく、しわっぽくなりやすいんですね。

コンタクトレンズの使用歴が長く、レンズを外すときにまぶたを引っ張ったり、若い人でもアイプチやアイテープなどを長く使っていた影響でまぶた皮膚が伸びてしまい、まぶたのたるみにつながっているケースも多くなっています。あと最近では、つけまつ毛とかまつ毛エクステもやっている人かなり増えているのでこういうものも原因にならないとは言えないかも。
また、 一日中パソコンの前で仕事をしている方や、スマートフォンの小さな画面を長時間凝視し続けいていると目の疲れを感じやすいですし、
姿勢が悪い状態でスマホなどを長時間使用していると筋肉が凝り固まってまぶたのたるみが生じやすくなるためご注意を。


<まぶたのたるみの改善法>
保湿!保湿!
目元は皮膚が薄く、デリケートな部分なので特に保湿が重要。保湿が十分じゃないと、やっぱりしわっぽくなるし、ハリもなくなります。 最初に言いましたが、目元のお手入れは若いころから力を入れた方が良いというのは美容関係者が良く言いますよ。 化粧水の他にも美容液やアイクリームなどで引き上げをしておくのがオススメ。
根強い人気なのはやっぱりアイクリーム。
20代から必ずアイクリームを塗ってシワ全くなし!という40代の人を知っています。 最新化粧品はかなり進化しており、コラーゲンの産生を助けるものも。小じわは乾燥でひどくなるので、普段から乾燥させない環境づくりもも必要です。

まぶたのエクササイズ
目をぱっちりさせるトレーニングなどいくつか種類があります。顔ヨガやフェイササイズなど。好きなものをチョイスすると良いでしょう。日頃の積み重ねが大切です。

プチ整形・手術でたるみとり
たるみは年齢とともに進行してしまうので、 自分だけの対策ではもう無理・・というところまでいってしまったら、整形もひとつの方法だと思います。
目の上のたるみ取りの整形の他、軽いたるみなら美容外科で埋没法で二重にする人もいます。
黒目が隠れてしまうほどのたるみは眼瞼下垂といわれ、形成外科などで保険適応で手術が可能です。 (なのでれっきとした診断を受けて手術という流れですね)
私の叔母が眼瞼下垂で手術を受けてますが、この手術をしたらさらに目がぱっちりになって若返りました。(元々二重だった人なのですが) 本人も表情が暗くなっていたのが明るく見えるようになって喜んでましたね。
一重の人の場合は、眼瞼下垂の手術をすると二重になるようなので印象は変わる場合もありますが、眼瞼下垂は医療行為の対象になるので、受ける人が多いようです。二重になって顔が明るくなったという口コミも多いですよ。(雰囲気の変化は事前にアイプチなどでも試したという人もいましたね。)

このページの先頭へ

  • サイトマップ