アラフォー女子がまとめ!顔のたるみの原因はこれ!

私たち世代の深~い悩み、顔のたるみ。
たるむ・・とはよくいうけど、なんとなーくで原因をしっかり把握してたり、説明できるかっていわれると微妙なところ。 聞いたはずだったけど、忘れたりするし(笑)
ですが、対策をする上で、原因を知ることはとっても大切!! そこで、今回超わかりやすく、たるみの原因をまとめてみました。 40代以上の復習用に!使ってください。

原因1.皮膚のたるみ~弾力を保つコラーゲンやエラスチンなどの繊維が老化
10代の頃、ぴっちぴちだったお肌も、年を取ると、悲しいことにお肌の中身が変わってきます。
そもそも私たちのお肌の中身(真皮)は、網の目のような繊維で支えられています。 それが肌の中にあるコラーゲンやエラスチン。これが弾力やハリを生み出しているものです。
それらの繊維が老化して崩れてしまうと、皮膚がしなーんとしなびてしまうことに! これがたるみの主な原因です。(ちなみにシワの原因もこれ。)

ちなみに、この弾力やハリに重要なありがたいコラーゲンの産生は20代ピークで、その後減少していったり、劣化します。(40代だと20歳の半分になってしまうだとか) その結果、 真皮の中がスカスカになってしまうのです。(若いころは真皮の中身はぎっしりなのが、年を取ると、コラーゲンなどが減り、密度が下がってしまうのです。悲)
ちなみに老化だけじゃなく、肌のコラーゲンは紫外線で破壊されてしまうことがあるので、これも要注意!



<対策のポイントは?>

皮膚のたるみはコラーゲンやエラスチンの減少で起こるので、コラーゲンを増やしてあげるコラーゲンケアがポイントに! ホームケアとしては、ビタミンcなどエイジングケアに有効な成分の化粧品を使ったり、イオン導入なども効果的。 またエステやクリニックでのピーリングもコラーゲンをアップ。またエステやクリニックでは肌に刺激を与えることで肌のコラーゲンをアップさせるメニューなんかもあったりしますよ。(これはあとで解説します。)
劇的な改善を望む場合は直接的な美容医療もあり。 ただ、その前に自宅でいろいろ試すこともできそうですね。 たんぱく質をしっかり採る(コラーゲンも採れる)、イソフラボン(大豆)、抗酸化作用のある野菜をたくさん食べる内側のケアもしっかり。 紫外線対策はもちろんしてください。



2表情筋のたるみ~顔の筋肉の衰え、凝り

顔の筋肉が衰えてしまうと、やはりハリがなくなってしまいます。 意外と表情筋って使う機会が少ないんですよね。 また顔の筋肉を使わないと老廃物がたまりやすく、むくみにつながるので、それが顔のたるみの原因の1つに。
むくみやすい人は特に頬がたるんでその重みで顔が下がり、ブルドッグ顔になったりフェイスラインが四角くなったりもします。



<対策のポイントは?> 筋肉の衰えからくるたるみについては、最近かなり注目されていて、美容家が書籍などで「フェイササイズ」「顔ヨガ」などのたくさん対策法を書いていますね。 芸能人がやっていると紹介されることも多いです。 またマッサージで凝りを取ったり、リフトアップするようなものも○。
上で紹介した対策と一緒にこの表情筋エクササイズやマッサージもども取り入れると、複合的なたるみ対策ができるのでオススメ。 気軽に対策できるグッズなども売っています。



<まとめ>
ここでは皮膚のたるみと筋肉のたるみの 2つの原因を紹介しました。 たるみの原因は複合的なので、内側から、外側から多面的なケアをやっていきましょう。





<コラム~ケアを台無しにする!老けやすい生活習慣はない?>
一方でたるまないように一生懸命ケアしていても、生活習慣が足を引っ張りまくっているっていうことがあります。
ちょっと注意したほうが良いのは紫外線やストレス。
紫外線を浴び続けると肌内部に活性酸素が大量に発生します。ストレスもそう。
増えすぎた活性酸素はコラーゲンやエラスチンを破壊するため急激に弾力を失わせたりする結果に。 (ストレスは仕事などでどうしてもたまってしまいがちですが、うまくコントロールしましょう。)
日焼けをしている方は比較的若い年代でもシワやたるみが生じやすいため注意です!
運動しないなど生活習慣が代謝機能を悪化させて老けやすくなる場合もあります。
やっぱり、睡眠、運動、食事、紫外線対策は基本になるので、しっかりしましょう。
忙しいとついつい、このあたりおろそかになってしまうんですけどね、美魔女さんやモデルさんなど美女の生活を真似るつもりで、 美肌力を上げる生活をしましょう。

このページの先頭へ

  • サイトマップ