顔のたるみを改善したい!

【アラフォー管理人の顔のたるみとの戦い!】
あ~、ついに来てしまった!!と思ったのが30代前半。
30歳ごろからから、疲れると少~し鏡に映る自分のたるみが気になるかな・・程度にはあったんですが、 33歳に入った頃、ついに、 無視できないほどになり、自覚しました、顔のたるみ(泣) 特に頬のたるみと、それから来るほうれい線(私の場合は溝も) 上から電気が当たるのが怖くなりました。 やっぱりたるんでる!
毎日憂鬱なんですよね。 そこから、たるみを本気で治すべく、 恐怖を感じて、美顔器に、顔マッサージ、化粧品、いろいろ試してました! それが効いたのか、今ではかなり改善してきてます。
前よりは相当マシになり、鏡も見られるように♪ 劇的に直すには美容医療も考えないといけないですけど、そこにいくまでに自分でできることってたくさんあります。 特に、美顔器はもう美容医療級になってきてたりするし、化粧品もいろいろ出てる!とあっては、 定期的にたるみ予防や対策を取っていくことで、老化を防ぐ効果があるんだそうですよ。 たるみは、最大の悩みといっても過言ではありません。 40代目前にして、私が対策していること、レポートしていきますね。

私が実際にやって、顔のたるみに良かった方法一覧

美顔器
私のたるみ予防や肌に刺激を与えてリフトアップに欠かせない!のが美顔器。 今や、美容医療級のものがたくさんです。あの美魔女使用の美顔器もたくさんあり。 光、超音波、低周波、イオン導入など種類もさまざま! 定期的にたるみ防止のため使ってます。


エステ
エステに行くとマッサージやパックで肌が活性化してハリが出て、リフトアップ感じます。 が、やっぱり高いので、たまに行って、あとは自宅ケアにしてます。 最近は安いフェイシャルを探すのも趣味に。


フェイササイズ
舌回し運動とか、簡単なものでもやったほうが私は良かったです。 美顔器と合わせてやってみたら、相乗効果が○。

化粧品・パック
血行を促進してくれる炭酸パックやハリを出してくれる化粧品など、最近けっこう使えるものが増えてます。 しっかり保湿することで肌ふっくら。ハリツヤ感も出ました♪ 自宅でのローションパックやタオルパックもたるみ毛穴に効果的でした。


サプリ・ドリンク
中からのケアとしては、気軽に取れるコラーゲンドリンクやプラセンタサプリメントも取り入れました。 私は試した結果、、一部、ハリアップ!を感じたものあり。


食事・生活習慣
緑黄色野菜や果物、ナッツを意識的に摂ったり、睡眠を早くしたりといろいろ気をつけるように。

個人的に顔のたるみ改善に役立ったグッズ、化粧品ランキング

これは手放せない!と思った私のたるみ対策用美容液ピックアップ

個人的にやっぱり化粧品の中でたるみに良いのは美容液!と使ってみて思ってます。 というのは、最近の美容液ってすごいから。
中でもたるみなどの老化に特に注目なのが2005年から化粧品に認可されたEGFなどの成長因子(GF)
美容皮膚科で使われるのはもちろん、医療分野で使われるような大発見の成分です。
このEGFなどの成長因子は、 細胞を育てる(再生や修復)成分。つまり肌内部の代謝とコラーゲン生成を助けてくれるアップさせてくれるのですね。
当サイトで説明しているけど、たるみに効く!と思えるものを選ぶためには外から塗るより、コラーゲンは中から増やすのがポイント。 だからこのGF、たるみにとっても良いのです!
そもそもEGFとかって特許レベルのものだし、医学的にも再生分野で効果がかなりあるので化粧品ではなく医薬品として管理しては? と論争が起きているぐらいの成分なのですよ~。(なので化粧品で気軽に買えるのは今のうちなのかも?と私はびくびくしてるほど。)もちろん美容皮膚科ではバリバリに使われてます。(塗るのはもちろん、注射したりしてるの)

その成長因子が入った美容液が出てきてるんですよ。
おうちで試すことができるものがいくつかあります。
中からコラーゲン生成を助けてアップ!ってものなので超貴重です!!
短くまとめるつもりが、力が入って長くなってしまった~(汗)使ってるけど、一度使ったらもう手放せません。
2つピックアップしてみますね。

ドクターリセラの透輝の滴~←私が手放せなくなってるのがこれ。成長因子8種類入り
ドクターリセラのこの美容液。
これ元々はエステでしか買えなくて知る人ぞ知る!という美容液で(芸能人も使用してる人けっこういるみたい。宣伝になってしまうので名前は言ってはいけないみたいで残念なんだけど・・けっこう有名な人) これ成長因子が8種類も入ったびっくりの美容液です。(EGF、FGFなど個人的感想なんだけど、これは使用感はすごかった。普通たるみにって宣伝にあるほどは効く感じがしないものもあったりする。
でもこれは個人的にこれは違う!と思った初めての美容液。
私の場合だけど、お肌のハリっていうか、それを超えて、もっと全体的にね、パーンっ、きゅ~って感じで、数日使ったら一気にお肌復帰しました。だるーんと全体的に垂れていて、肌質も悪くなっていたのが悩みだったんだけどね。 特に私は頬のたるみに良く、ほうれい線にもかなり良いと思った。トライアルにしては3,780円と高いんだけど、これは見送るには惜しいと思います。
中身がかなりたっぷりで、ボリュームあるのでコスパは悪くないですよ。
悩む人は試してみても良いと思います。あとね、実は毛穴の開きにも私は個人的にかなりオススメ!きゅきゅきゅっと毛穴も含めて肌が引き締まりました。ほんと、ちょっとびっくりしたぐらい。(ただし!効果は個人の感想なので、うのみにせず、判断はご自分でお願い致します。)

セルビックのEGF&FGFエイジングケア美容液
こちらも成長因子入りの美容液。楽天の美容液部門デイリーランキング1位の実力。
有名サイトでも評価を受けた優秀な美容液。
EGFとFGFをダブル使用することで、肌のコラーゲンが平均1.8倍に増えた効果が出たという実験結果がアメリカで出されているんですよ。モデルの森摩耶 さんも愛用中。肌の再生とコラーゲン力アップできるところが最大のメリット。
トライアルは999円となんといっても安いから、気軽に試しやすいのもいいです。



美魔女オススメ!の超優秀ビタミンC化粧水ピックアップ!
ビタミンCといえば、コラーゲン生成を助けて肌老化に良いというのが有名ですよね。 今回ビタミンcの中でも高濃度、APPSが入ったものを発見したのでピックアップ。

<広告を打たない化粧品シリーズ>
化粧品でけっこう広告費がかかっていて実は成分が少しだけしか入っていないっていうのも実はあるって知っていますよね。 その点、 広告費をほとんどかけず、パッケージもシンプル。だけど成分だけは、製造工場にびっくりされるほど贅沢に配合しているのがビューティーモールの化粧品シリーズ。
これ、ほとんど口コミのみで広がって知る人ぞ知る!シークレットコスメ なのですよ。
このシリーズそのへんの化粧水やスキンケア化粧品とは全然違います!
とにかく成分がすごい。ビタミンC入りの化粧水はビタミンCの中でも ビタミンCで一番効くと言われているAPPS。 (効果が高く、美容マニアが選ぶビタミンCとして有名ですよね。)
フラーレンなどほかにはない質の良い成分をこれでもか!と高濃度に配合しているシリーズ。

特に、美STに美魔女さんが愛用!と太鼓判を押しているのが、「プレミアムAPPS+E(TPNa)ローション」という化粧水。 ビタミンCの最高峰APPSが高濃度に入っており、ビタミンE誘導体(TPNA)』も高配合。 特にAPPSはシワに働きかけるんだそうで、法令線や目元にも良いそう。 ビタミンCはコラーゲン生成も助けるからもちろんハリやたるみにも良いのです。
良い状態を保つために冷蔵庫で保管するタイプの化粧水。
導入できるから、もっているイオン導入器で使えちゃいますよ。 人気女性誌マキアクチコミ評価ランキング総合第1位! 成分が良いし、値段はそれなりにするけど、その価値はあると思う。


美顔器~ エビス
たるみ予防に良いと言われている美顔器。
ロングセラーなのがエビスです。 超音波やイオン導入などがこれ1つでできるのがメリット。 私、愛用してますが、個人的にはけっこうリフトアップ効果感じました。

エステナードソニック
こちらも超音波でお肌マッサージができる美顔器。 それだけじゃなく、何が良いかというと、とにかく月々の負担が安いところが最大の特徴。 初月980円で購入できてしまうので、節約しつつ、たるみ予防にゲットできます。 紗栄子さんなど、芸能人がブログでもかなり紹介したのも惹かれますね →美顔器ランキング

イオン導入

炭酸パック
血行促進や新陳代謝を高めるといわれ、今大人気なのが炭酸系のコスメやパック。
中でも炭酸パックはお気に入りでよく使います。 特にフェブリナの炭酸パックは、かなり血行促進され、顔が熱くなり、お肌が活性化してるのがわかるのが気に入ってます。 炭酸パックの他にも、炭酸系美顔グッズも紹介します。

番外編~スチーマー・温冷パック ちょっと元気のなくなったくすみ、たるみの出た肌を蒸気したような湯上がり卵肌に変えてくれるのがスチーマーや 温冷パック。 お肌全体が元気になる感じなので、顔のたるみも気にならなくなります。 化粧乗りもよくなるので、年齢肌に実はおすすめ。


いろいろ試して、かなりたるみや法令線の溝が気にならなくなってきました! やっぱりお手入れすれば変わります。
美容医療に頼る手もありますが、それは最終手段としてとっておき、まずはできるところからやってみるのが良いですよね。

このページの先頭へ

  • サイトマップ